アコムはコンビニATMでの借入、返済を行うことができます。

さらにアコムの詳しい情報はこちら

消費者金融のアコムを利用してキャッシングを行う場合、借入や返済の方法というのがいくつかあるのですが、その一つの方法としてコンビニATMでの借入、返済を行うことができます。

コンビニのATMを利用できるので、普段の生活範囲で便利に借入や返済を行うことが可能となります。

アコムで利用できるコンビニはいくつかありますが、コンビニによって取り扱い時間が異なっているので注意が必要です。

まずアコムを利用するにあたって最も便利なのがセブンイレブンのセブン銀行です。

セブン銀行の場合は0:10から23:50までが利用可能でこの20分以外は常に借入と返済が可能です。

ローソンに設置されているローソンATMの場合は朝7:00から夜23:00までの取り扱い、ファミリーマートやミニストップ、サンクス等に設置されているE-netというATMであれば朝7:00から夜23:40までの取り扱い、サークルK、サンクスに設置されているゼロバンクのATMであれば0:20〜23:30までの取り扱いとなっています。

また、この中で唯一セブン銀行のみが端数清算が可能で、一時預かりという形で合計金額を越える支払いが振込または次回の融資の際に清算されます。

アコムはコンビニATMだけでなく自動契約機(むじんくん)も全国に設置されているので利便性は抜群です。

詳しい情報はこちら

アコムの利用明細について

消費者金融でキャッシングやカードローンを利用した場合、ATMなどを利用して借入や返済をしている方が多いかと思いますが、消費者金融の多くはその際に発行される利用明細書に残高や利用可能額、次回の返済日などの情報が記載されています。

消費者金融大手のアコムの場合もやはりATM利用時の利用明細書を見れば、現在の取引の内容詳細や次回の返済についての情報がわかります。

借入をした場合の利用明細には、その際に借入をした金額、現在借入をすることができる限度額、残りの借入ができる残高、次回の返済日と次回返済日までに必要な返済金額、現在利用している借入の貸付利率、返済期日の設定、全額を返済するまでの回数、返済金額合計、最終返済期日、返済方式などが記載されています。

また、返済時の利用明細についてもこれと同様の事が記載されています。

アコムではATM以外の利用方法もあり、インターネットでの振込や、口座振替での返済といった方法があります。

インターネットを利用しての振込キャッシングの場合は明細はアコムの会員サイトにログインすることで確認することが可能です。

口座振替の場合は希望した場合のみ利用明細を毎月月末までに届くように送ってもらうことができます。

アコムの経営状態

消費者金融を利用するにあたって、その会社の経営状態というのも気になる情報の一つではないでしょうか。

消費者金融というのは最近はどこの業者も経営状態があまり良い状態ではなく、廃業したり破綻したりという業者も多くなっています。改正貸金業法の影響というのもあるでしょう。

例えば大手の消費者金融であるアコムの場合はどのような経営状態でしょうか。

まずアコムというのは三菱東京UFJ銀行の傘下ということで、いきなり破綻する、ということは考えにくいかもしれません。

そうは言ってもやはりアコムも他の消費者金融と同様あまり経営が順調というわけではなさそうです。

アコムが現在どのような状況かを知るためにはホームページから企業情報やIR情報などを見ることでわかります。

他には株価をチェックするというのも一つの方法でしょう。

なぜ消費者金融の経営状態を気にするのか、ということですが、消費者金融で借入を行なっている人であれば、過払い請求という言葉を聞いたことがあるかと思います。

支払う必要のない金利を払いすぎていた場合にその過払い分を消費者金融相手に請求するというものですが、もし消費者金融が破綻してしまえばその過払い金が返ってこない可能性が高いからです。

ですので、すぐにでも潰れそうな消費者金融よりは体力のありそうな業者を利用したい、ということです。